大切な方への贈り物に新潟市・佐渡市共通商品券|協同組合NICE新潟

新潟の商業者から生まれた「新潟市・佐渡市共通商品券」は、百貨店やスーパー、ホームセンターなどの大型店から、飲食、美容の個店まで幅広くお使いいただける商品券です。

実行委員会について

地域のお店応援商品券発行事業の実施に伴い、新潟市、新潟商工会議所、新潟市連合商工会、新潟市商店街連盟、協同組合NICE新潟による実行委員会を組織しました。
各団体より委員が選任され、規約の策定、実施計画に基づき、本事業を実施しています。

実行委員会規約(令和2年7月1日時点)

地域のお店応援商品券 実行委員会 規約

第1条(実行委員会の設置)

令和2年度、地域のお店応援商品券発行事業の開始に伴い、実行組織を新たに設置して、名称を地域のお店応援商品券実行委員会(以下、「実行委員会」という)とする。

第2条(事業及び事業の期間)

実行委員会は商品券の発行から回収までの事業を行う。
2 この事業は商品券の有効期限終了後相当の期間を以て終了する。

第3条(組織)

実行委員会は、各団体から選出された実行委員(以下、「委員」という)をもって構成する。

第4条(役員)

実行委員会には次に掲げる役員を置く。
 (1)実行委員長   1名
 (2)実行副委員長  1名
 (3)監事      1名
 2、実行委員長は、委員の互選とする。
 3 実行副委員長及び監事は、委員の中から実行委員長が指名する。

第5条(役員の職務)

実行委員長(以下「委員長」という)は実行委員会を代表し、会務を統括する。
 2 実行副委員長は委員長を補佐し、委員長に事故ある時はその職務を代行する。
 3 監事は実行委員会の会計事務を監査する。

第6条(任期)

委員の任期は委員となった日から委員会解散の日までとする。

第7条(会議)

実行委員会の会議(以下「会議」という)は、委員長が招集し、会議の議長となる。
2 会議の議事は、出席委員の過半数の同意をもって決し、可否同数のときは、議長の決するところによる。
3 委員長は、必要があると認めるときは、委員以外の者に会議への出席を求めることができる。

第8条(議決事項)

会議は次に掲げる事項を審議し、決定する。
 (1)事業計画、実施方法、事業報告に関する事項
 (2)予算及び決算に関する事項
 (3)その他、商品券事業実施に係る重要な事項

第9条(事務局及び部会)

実行委員会を運営するにあたり、事務局を協同組合NICE新潟に設置する。
 2 委員長は必要に応じて部会を設置することができる。
 3 事務局及び部会の組織及び運営に関し必要な事項は、委員長が別に定める。

第10条(経費)

実行委員会で必要となる経費は補助金等もって充てる。

第11条(解散)

事業終了の期限をもって実行委員会は解散する。

第12条(補足)
この規約に定めるもののほか、実行委員会の運営に関し必要な事項は、委員長が別に定める。

 
附則
この規約は令和2年7月1日から施行する。

実行委員会名簿

委員長 小柳 蔵人 協同組合NICE新潟 理事長
副委員長 大矢 純一 新潟市商店街連盟 理事長
委員 本間 龍夫 新潟市商店街連盟 副理事長
委員 坂内 由和 協同組合NICE新潟 副理事長
委員 高井 俊幸 新潟市商店街連盟 副理事長
監事 齋藤 正行 協同組合NICE新潟 副理事長
委員 本間 晃 新潟市連合商工会(15商工会) 経営支援室長代理
委員 佐野 由里 新潟商工会議所 まちづくり支援課長
事務局 高橋 佳樹 協同組合NICE新潟 事務局長
事務局 枝並 信浩 協同組合NICE新潟 総務部長
事務局 進藤 智美 協同組合NICE新潟 商品券担当
新潟市 外石 信 新潟市経済部 商業振興課 課長補佐
新潟市 今井 亮 新潟市経済部 商業振興課 主幹
新潟市 佐藤 隆広 新潟市経済部 商業振興課 主査
新潟市 遠山 直樹 新潟市経済部 商業振興課 主事

 

📱モバイルサイト

地域のお店応援商品券実行委員会|協同組合NICE新潟スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら

【商品券購入のお問合せ】
地域のお店応援商品券
コールセンター
☎0120-277-013
受付時間 9:00~17:00
土日・祝日を除く

【取扱店募集のお問合せ】
地域のお店応援商品券
実行委員会事務局
☎025-246-4822
受付時間 9:00~17:00
土日・祝日を除く